◼︎WordPressにしてみるつもり
ブログを書き始めて3年、毎日書くことを心がけて3ヶ月(半年くらい前にもトライしたが挫折)が経ちました。今回はなんとか100本かけたと思うので、自分へのごほうびという名目で、ブログをワードプレスもといWordPress(カタカナで綴ってはいけないらしい)で書くことにしようと思って、とある方にご相談しやり方を教わっている。

本を読めば、詳しい方に尋ねる10倍くらい時間がかかるけれどもなんとかなるのかなとも考えた。でも色々作業する様子を直接見せていただけるだけで、貴重な機会だと感じるし、やっぱり依頼してよかったと感じた。


◼︎さぐりあてる
調べて確認して作業、という一連の動きを目にしていると、あることに詳しいからといってなんでもすぐできる、のではなくて、その場合にあった手順を調べるフェーズがあり、適切な情報を判断して取り出すという行為があり、最後はその理解をふまえて操作している、というふうに見えた。

仕事で翻訳作業をすることがある。単語を全て翻訳先の言語に置き換えると翻訳が完成するかというと当たり前だがそうではない。どの「言い回し」にしたら翻訳もとの言語が表現している意味になるのか、まずはもとの文型や単語が使われている文章をネットでいくつか読み、あてはまるアウトプットの言語の言い回し(日本語)を探り当てる、という作業になる。

その、探り当てる、ということができるかどうか、そしてその精度が高いかどうかが、他人にサービスとしてそれを提供できるかどうかを決めるのかなと、作業していただいている横で思いいたったり、した。


◼︎初心者だから始める
仕事でWordPressは使っているものの、周囲の理解の深い方に比べると文字を打ち込んで整えてるだけ、で初心者な自分を痛感している。自分のブログもWordPressにしたらもっと触る機会が増えてやりたいことも増えて、何か気づくこともあるかなという希望を抱いている。

そんなにWordPressのこと知らなくて大丈夫?みたいな心配の声もいただいたけど、始めてみないといつまでも初心者を脱出できないので、見切り発車で出発したい。

折しも別の日異なる2人の方から、(わたしはこれを)始めて5年ですよ、という言葉を聞いた。そんな簡単にプロにはなれない、だけど5年心を込めて続けてみたら。という意味に聞こえた。

いつか初心者じゃなくなるまで、感じたことを言いづらそうなことを丁寧に言語化してみるということを、心を込めて続けていきたい。