まっかちん生活(せきららに生きる)

エッセイぽい「思うこと」、幼児との「お出かけ」、生活のこだわり「ライフスタイル」、「本」「映画」の感想、たまに「日常」を更新中。好きなカテゴリで読んでね。日中の翻訳・通訳とウェブライティングをして生きています。茨城と東京が好き。夫とは離婚届を出して事実婚です、名字はゆずらないぞ。

カテゴリ: はたらく

社会人8年目になろうという今日この頃、勤務先6か所目のまっかちんです。2月になりまして、現在の職場に勤めて3か月目となったのですが、1月の初めにこんな辞令を受けました。「ウェブマーケの部署からテレマーケティング部へ異動して、これから毎日電話で顧客フォローをして ...

プロフィール写真をプロに撮ってもらいました。メイクは渡邉まりあさん。カメラは狐塚勇介さん。時間内で何カットとってもOKとのことだったのでたちゅごんについてきていただいて、ツーショットも…ともくろんでいたのですが、なんとなんとオフショット的なカットもたくさん ...

クリスマス前後から体調を崩して、昨日も今日も猛烈な眠気に襲われながらなんとか生きています。今年も仕事のこと、子育てのこと、夫との関係のこと、いろいろ考えて生きてきました。振り返ってみよう。■2017年の良かったこと&2018年の目標まずは今年良かったことと来年の ...

2010年12月に、夫のはみの住んでいた3LDKの分譲マンションに自分の荷物を運び込んだ。理由は、それまで勤めていた会社を辞めたくなったので辞めることにして、その福利厚生の一部であった寮からでなければいけなくなったから。当時の手取りは約18万円くらいで(残業のほとん ...

今月がおわれば、今の会社に入社してまる1年。こんなタイミングですが、お誘いいただいた会社があり転職することになりました。2010年から社会人をスタートしたわたしの6社目の勤務先になります。 昨年転職した際、しばらくは中国関連の調べ物・記事 ...

お金を稼いでその使用権を手に入れるのは、お金そのものではなくそれを使って手に入る何かを求めているからで、それは屋根と壁のある安心できるスペースだったり、人間関係だったりする。 人間関係にお金がいるのかよとつっこまれそうだけど、わたし ...

言わずと知れたワーママのバイブル、中野円佳の著作『「育休世代」のジレンマ』をしばらく前に読了。感想がまとまらないので雑感を記録しておきたい。 わたしは同書を世間的にヒットした書籍、と認識している。内容は「大手企業で総合職」の女性の状況 ...

子供のいない人と変わりなく働きたいだって能力は変わらないから、そのために必要なのは育児の外注先とやりがいのある仕事。 って、強がっていてもわたしは単なる専業主婦からのワーママで、勤務時間はフルタイムで残業はたまにする ...

雨の予報なのは知ってたんだけど、どうしてもセールで買ったサンダルが履きたくておろした。 雨にはぬれなかったけど、靴擦れしてしまった。 お盆休み、勤務先の夏休みは好きなタイミングで取るルールだけど、なんとなく人が少ない。電車はす ...

↑このページのトップヘ