今日の子育てイライラ投稿、Facebookにリンクを貼ったら複数コメントをいただけて、嬉しい限り。

一緒に一時間近く昼寝をしたら、なんだかスッキリして、夕方からはだんなも茨城にやって来たので、買い物ついでのお散歩を楽しめた。

仕事をする前、平日一緒にいた時は、忍耐力を使い果たして、誰に対する怒りでもいきどおりでもなく、ティッシュボックスとかクッションとかを、投げていた。
平静を失っていることを、だんなにたしなめられたりすると、それがまた頭に来て、こわれるものを投げてしまったこともある。
育児ノイローゼで心療内科にかかった方がいいのか、と考えたこともある。結局行かなかったけど。

そんな状況だったから、仕事決まり保育園決まりいまの生活をして行けることが、どれだけわたしを救ってくれたか。仕事を紹介してくれた方は、たぶん知らない。わたしは、どうやって恩返ししたらいいのか、想像もつかない。


住んでいた江戸川区近辺に入れる保育園がなかったので、実家のある自治体に一時的に住むことにしたのが、約2ヶ月前。
このことを伝えると、だいたいの友人は、実家に同居するのね、と、誤解してくれたので、誤解は誤解のままにした。
だけど今住んでいるのはアパート。同居しないこと自体はなんの心の引っ掛かりもない。
だけどわたしはこの住まいを実家の両親には知らせていないし、仕事決まってからの2ヶ月を音信不通で過ごしている。

くだらないいじ、なのかもしれない。
だんなは引っ越したくないというので、一時的に別居する、ということを両親に伝えたら、言葉はなくとも、反対の意思を感じた。(両親とも、子どもには父と母が一緒にいる家にいるべき、という価値観を持っていると思う。)
保育園の手続きのため、一日も早く住民票がほしいから、実家に一時的にでいいから転入させて欲しい、と伝えたときも、考えさせて欲しいと言われ、結果ノーと言われた。それに、数日居留して、実家の負担になるようなことはしないでほしい、と。
そして2ヶ月以上経っても消せない母の一言、「わたしだったらあの保育園に入れたくない」。

その後メールで謝罪を受けた。
だけどそれを受け入れる余裕はなかった。

通園先は、認証保育園なので、認可保育園より小さい。認証の中でも、小さい方ではないかと思う。園庭も小さい。だけど、園長先生も子どもに慣れているようだし、信頼できると思えた。
わたしだけで見学して、わたしだけで決めるしかなく、この保育園がダメなら仕事を諦めるしかない、どの程度なら子どもにとって快適なのか?わからなくて苦しかった。

そんなときの一言で、どうしても許せなかった。
いまは2ヶ月前ほどは苦しまないと思う。
だけど、母の言葉に苦しみを感じるのは一度目ではない。
距離をとれるなら、とってもいいのではないかと考えた。


そんなわけで、ほぼ母子家庭な今日この頃ですが。なんとかなるものですね。
たちゅごんの生活が楽しくなるように、時に息抜き、時にたちゅごん、わたしはわたし、で、やってくぞ。