会社にいる時とそとで買い物とか友達と遊んでるとき以外、一緒にいるから、知りたくなかったことも見えてしまう。

いつも掃除してくれてたここ、わたしやっておいたよ!あなたとは違うやり方だったけどなかなかうまくできたと思う。といえば、それじゃ汚れが落ちきらないのだよ。と返される。

今日会社でうんこしたらさ、と話すと、本気で嫌そうな顔をされた。(一緒にいる時、おならはしてもいいルールなのに、なぜだ)


もう7年も一緒にいるから、自分一人だけでいるかのようにふるまっても許されるのかなって思ってたのに。そんなことはなかったのか、とおどろきがっかりする。

がっかり。

相手に期待をしているのだなわたしは。期待をするということは、愛なのだろうか。

愛ってなんだ。


愛が何かはわからないけど、愛が必需品の結婚。

それって、国家が社会保障を個人に背負わせるための仕組みだと思う。

結婚は制度で、ペアになった二人はお互いに保障をしあう。生活を支え合う。そのために、一緒に住むことが多い。

長く長く長く、一緒に住む。


その中でお互いに失望し合う。期待を裏切られる。

これじゃなかった、そんなふうに振る舞うの?そんなふうにわたしを扱うの?

■ 

失望しない人間関係はない。たぶん、他人に期待しない人はいない。少なくともたしはそれをがまんできない。近づけば近づくほど期待して、そして失望する。

もしかしたら、何も期待しなければ失望もしないのかもしれない。

でも、何も期待しない結婚をえらぶほどのおとなに、わたしはまだ、なれない。