まっかちん生活(せきららに生きる)

エッセイぽい「思うこと」、幼児との「お出かけ」、生活のこだわり「ライフスタイル」、「本」「映画」の感想、たまに「日常」を更新中。好きなカテゴリで読んでね。日中の翻訳・通訳とウェブライティングをして生きています。茨城と東京が好き。夫とは離婚届を出して事実婚です、名字はゆずらないぞ。

2016年10月

子どもに何を教えたいか、と聞かれたらなんと答えるだろう。 他者を尊敬すること(人かそうじゃないかにかかわらず。そうして関わりあう関係は心地よいから)、 自分を大切にすること(それは当然のことだから)。 この二つくらいだろうか。 反 ...

最初の会社は、2010 年4月に入社して、12月に退職した。 当時25歳。別に大学院にも行っていないが、一浪して入学、在学中の1年間の留学のため、高校卒業から6年が経っていた。   退職は、会社の女性社員への仕事の振り方がなじまなかった ...

わたしが自分のペースを確保しているように、子どもにも自分の好きなペースで時間を過ごしてほしいと思う。 観察してみると、子ども自身の時間の過ごし方にも、色々ある。 そして母親のわたしがただ一緒にいることが、常に子どもの希望を満たしている ...

出産後専業主婦をほぼ2年、再就職して約2年半働いている。 どっちが大変かと聞かれることがあるけれど、わたしにとっては断然専業主婦が大変だった。 まず第一に専業主婦でいるかぎり、子どもを預けるハードルが高い。一時保育や今ならシッター ...

母親へのわだかまった気持ち、を抱えている女性は少なくないと思う。 かくいうわたしももちろんその一人だ。 そして、出産して育児をして、母親の体験をトレースすることで、こんな思いをしていたのだと、共感と許しを得る人も、同じように少なくないのだと思う。 ...

映画館で誰と見たのかも忘れたが、「崖の上のポニョ」が好きだ。 緑と青の色彩はみててわくわくするし、町が水に沈んで、古代魚がその中をゆっくり泳いでいくさまに心惹かれる博物館好きは少なくないと思う。 数年ぶりにみたけれど、こんなにロ ...

久しぶりにアルバムを購入した。 宇多田ヒカルのファントーム。 発売日には遅れたけれども。 高校生のとき、宇多田ヒカルのCDは全部買っていた。(資金がなかったのもあって、それ以外の音楽はレンタルで借りてMDに落としていた。) 田舎の中高生らし ...

↑このページのトップヘ